検索
  • 茜鳥ジュン

赤緯グリッター 第1回 白石麻衣さん


このコラムでは、赤緯占星術の読み方サンプルを取り上げます。

ショートな文章にしようと、つけてみたタイトルが「赤緯グリッター」です。

これからどうぞよろしく。

乃木坂46の卒業ライブが延期になってしまった、白石麻衣さん。

乃木坂46のエースとして今や不動の人気ですが、

デビューオーディションに合格したのが、19歳の誕生日の翌日でした。

なぜ誕生日に注目したのかと言いますと、

白石麻衣さんの出生日の太陽は獅子座28度。

オーディション合格日の太陽は獅子座29度。

この度数近くには、獅子座29度50分にある恒星レグルスがあります。

レグルスは、数ある恒星の中で四季を支配する王者の星、

ロイヤルスターと呼ばれます。

CM女王と呼ばれるのはその影響もありそうですね。

さて、白石麻衣さんが卒業を発表した背景には、

どのような占星術のタイミングがあるのでしょうか?

今回は、卒業発表に至った心の動きを赤緯で探ってみます。

下のグラフは、白石麻衣さんの月の進行図の赤緯グラフです。




月は赤緯では、北から南へ、南から北へと、上下に動きます。

これはまるで月がスイングしているようにも見えます。

この動きを私は「ムーンジャズ」とも呼んでいます。

白石麻衣さんの月の赤緯グラフは登り坂のように、

下から上へと向かっています。

下側は南緯、上側は北緯です。

下側の南緯に赤い円を描きました。

これは、2011年デビューオーディション合格の時です。

月のグラフは、この時から北緯、上側に向かって昇っています。

実際にこの時から、白石麻衣さんの人気も高まっていきました。

そして、月のグラフがピークに達するのが今から2年後の2022年です。

そのピークに達する手前にも、赤い円を描いています。

この赤い円が2020年1月の、卒業を発表したタイミングです。

月が上側、北緯のピークに達すると、「やりきった感」を感じて、

実際に引退発表する人もたくさんいます。

ピークに達すると、月は下側、南緯に向かっていきます。

この時からは、仕事より心や生活の充実を求めるようになります。

白石麻衣さんも、結婚を考える時期になるかもしれません。

さて、この月のスイングサイクル、ムーンジャズですが、

大事なのは、出生時間が分からなくても大丈夫、

ということです。


便利なことに、グラフはSolar Fireで作図しましたが、

皆さんおなじみの、Astrodienstでも簡単に作れちゃいます。

無料ですから、これを使わない手はありませんね。

出生時間が分からなくても、人生のサイクルが分かってしまう、

赤緯の読み方の一つを紹介しました。

講座では詳しくお話しします。

次回のコラムもお楽しみいただけたら幸いです。

茜鳥ジュン

57回の閲覧
メルマガ登録
お得なキャンペーンやイベント情報などを
お届けします。

© 2020 ASTRO AQUARIUS ACADEMY. All rights reserved.